2019年08月01日

理子ちゃんとのむ

と、この二人は呼び合っているのだけれど、
たまにのむさんが「山ちゃん」と言うことがあって、
(誰?)ってなったりすることもある。

これまで「鞘師さんと亜佑美ちゃん」「ふくちゃんと里保ちゃん」「鞘師さんと小田ちゃん」「里保ちゃんと香音ちゃん」「植村と室田」「やまといち」とやってきたのだけど、自分で意外なことに、もっとも偏愛しているかもしれない、このCPを書いていないことに気づいてしまったので、ここでやっておきましょう。

山岸理子と野村みな美は、ハロプロ研修生16期の仲良し同期コンビ。
エッグ・研修生の歴史のなかで同期が揃って正規メンに昇格したのは、
実は彼女たちが初めてでした(その後も花の17期の6人しかいない)。

14期、15期には強烈な個性の植村あかり、室田瑞希という先輩がいて、
直下の17期には金澤朋子、牧野真莉愛、和田桜子、岸本ゆめのという、
これまた目立つ後輩たちが揃っていたこともあり、あまり期待されず、
ひどい場合には「すぐやめそう」とまで言われたこともあったこの二人。
肩を寄せ助け合ってすごした研修生時代は、決して短くなかったのでした。
振り覚えがすごく遅いから、みんなについていけなくて。入って1年半ぐらいはずっと怒られてた記憶があります。いまはちょっとはできるようになったんですけど、まだみんなよりぜんぜん遅いです。
──そういうときに支えてくれた研修生の仲間は誰ですか?
同期の山岸理子ちゃんです。すごくダンスがうまいから、一緒に合わせてもらったりしてました。
ただし、理子ちゃんは末っ子ののんびり屋気質(cf.お母さまのお手紙)、
のむさんは超マイペースで、一時期を除いて悲壮感はあまりなかったかも。
17期の後輩のうち東京出身の加賀、一岡と仲良く4人でつるむことも多く、
「大ボケ3人に対し突っ込みが1人」の時間を長く過ごしていたようです。
このあと「山岸とかえでぃ」ってのも、書いたらいいのかもしれない。

野村みな美&加賀楓「ハロプロを卒業してもこの友情は永遠です」
https://entamenext.com/articles/detail/2101

バックダンサーになりたくて研修生オーディションを受けた理子ちゃんは、
小学生時代は週4日ダンスを1日はクラシックバレエを習っていましたが、
研修生時代前半は、自分の思うように力を発揮できなかったようです。
(尚、後半は、意外な?ことに結構な褒められメンだった記憶)

のむさんの方は、全くなにも素地がない状態で研修生になったうえに、
自発的にオーディションを受けたわけではなかったこともあってか、
何も出来ず、靴紐さえ結べなかったというエピソードがよく語られます。
(なにくれとなく面倒を見てくれたのは、高木紗友希だったそうです)

そんなだったのむさんが、今やHello!のなかでも上位の歌唱メンになり、
歌唱力が武器のこぶしファクトリーのボーカルを支えているのですから、
「ハロプロ研修生の最高傑作」と呼ばれるのもうなずけます。
一方、理子ちゃんはパッと見とは違ったアグレッシブなダンスと、
これまた外見に似合わぬ度胸で、静かなリーダー職を務めています。

こうして主力メンになったりこみなですが、二人でいるときは変わらず、
ゆったりと柔らかなふいんき()に包まれているように見えます。
二人とも大切に育てられた感がにじみ出ているようで、おっとりさん。
癒しのCPだと言えましょう。りこりこみなみな、永遠なーれ。

さしめし 野村みな美・山岸理子
https://live.line.me/channels/21/broadcast/7589685
https://live.line.me/channels/21/broadcast/7602326

流出騒動で以前ほど無邪気に「理子ちゃん理子ちゃん」出来ないのは辛いところなんだけど、だからといって見限る気にはなれないんだよなー
posted by koke.N at 15:30 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

山岸理子のこと


すげえヒサブリにブログを更新したから、ついでにもう一人の推しのことを書いておきます。「ついで」などとフマジメな態度なのは、真面目に書いていられない、例のアレについてという下らない内容だからです(尚、現時点で公式発表はないので、こちら側の“誤解”である可能性は存在している)。

遊びに行ったこと自体は、私は特に問題視しません。仮に目撃談があったり(盗撮)写真が上がったりしたとしても、不問でよかったのではないかと考えます(もちろん、その後の身の処し方は十分考えてもらいたいとは思う)。しかし、自ら写真を撮った/撮らせたのは、弁解の余地がないでしょう。

一番よくないのは、写真を撮らせたこと/それを公開するような馬鹿と交遊があることで、これで推すのをやめようかとは考えはしないものの、正直がっかりしました。アオリイカちゃんほどには阿呆だとは感じませんが、年齢と立場を加味すると、同じくらい落胆しました。もうちょっと、思慮深い子かと思っていました。

この段階で公式見解を出していないのは、芝居が終わるまではこのままいくつもりということでしょう。
posted by koke.N at 15:34 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

山岸理子二十歳


当日にお誕生日ブログを上げなかった駄目ヲタでございます。


今回、バースデーイベントは11月24日当日には行えなくて、26日になりました。
大胆不敵太もも素敵な素晴らしい衣装でカッコよかった! 理子ちゃんって、自分の「需要」がよく分かっているよねw “ゆるふわ”とか“何を考えているか分からない”というイメージがありますが、山岸ヲタになって言動を見ていると、実際の理子ちゃんは現実的でサバサバした考え方をする人なんじゃないかと思います。写真集といいこういったイベントのときの衣装といい、山岸理子はこうだ、と見せてくる。それを恥ずかしがらずにやり切る強さが、彼女にはあるようです。

イベントで読み上げられたお母さまからの手紙には「末っ子ののんびり屋気質」というような言葉もありましたが、そこに癒される人たちもいて、魅力のひとつでもあります。ゆっくり考える人で、慎重なんだろうと思います。本人はリーダーとして為すべきことが出来ていないと感じているそうですが、つばきファクトリーのメンバーから見ると目配り・気配りのリーダーで信頼できる存在のよう。得意のダンスについては、特に年少メンバーからもっとビシビシ口に出して注意して欲しいと求められたことも。もっとも、言い方自体は理子ちゃんらしく柔らかいものの、現実は口に出して言っているフシもありますね。

山岸理子は(研修生同期の野村みな美、1期下の一岡伶奈、加賀楓というマブダチたちも同じかもしれませんが)、Hello!なればこそ出てきたタイプのアイドルだと感じます。ほんと、この子に出会えてよかった。

山岸理子さん、お誕生日おめでとうございます(ました)。良いはたちの一年でありますように。
posted by koke.N at 17:36 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

気になる人(その1のU) 山岸理子 弐


さて、山岸リーダー論。
の前に、写真集のことを少し。

売り上げはそこそこで、ヒットとも言えない結果でしたが、
Hello!のヲタの中では話題になり、インパクトはありました。

理子ちゃんといえばはにかみ屋の印象もあったのですが、
本人曰く、水着写真にはさほどの抵抗はなかったといいます。
プロモーションでの受け答えからも、そんな感じはありました。
求められているものが分かっているのか、肝がすわっているのか。

理子ちゃんのボディラインは、筋肉と程よい脂肪の丸みを帯びて、
歌って踊るHello!の子らしい、健やかなお色気を感じさせました。
(超絶美形ではないからこそのエロティシズムが絶妙なんだよな)



で、リーダーとして。
単なる持論なのですが、リーダーには鈍感力があると良いと思っています。

モーニング娘。の譜久村聖
アンジュルム和田彩花
かつての℃-ute矢島舞美
彼女たちはみな、目配りができると同時にどこか鈍感なところがあって、
それがメンバーを追い詰めないようになっていると私には見えます。
一方、Juice=Juiceの宮崎由加は、鈍感どころか極めて目ざとい人ですが、
あたかも鈍感であるかのように装う良い意味で狡猾なところがあります。

私は山岸理子もまた、鈍感力を持つ一人だと考えています。
発言を聞くと、よくメンバーのことを見ている(ex.谷本評)なと感じますが、
一つ一つの行動にすぐ反応することは少なく、見守り型のように思います。
また、人間的に好きなタイプは研修生時代からはっきりしていますが、
それ以外の人に対しても、友好的に接することができる人です。
要は、ピリピリしたところがなく、ゆったりしているのです。

稀に毒舌になることもあるのですが(ex.○々ちゃんの○ャ○○○話に対し)、
それでさえのんびりした口調で、しょーがないよねぇ、という風情です。

カリスマ性があってメンバーを鼓舞して引っ張る型ではありませんから、
“攻め”の視点からは物足らないところがあるかもしれませんが、
そこはきっと岸本・谷本、やんちゃな小野田・秋山が補ってくれるでしょう。
posted by koke.N at 16:25 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になる人(その1) 山岸理子


年始ですし、今年気になるメンバーについて書いておこうと思います。
まずは山岸理子。

娘。及び娘。OG以外で初めて本格的に推した人。
つばきファクトリーが2月にメジャーデビューして、
つばきの先陣を切ってソロ写真集も出し、
忙しい一年を過ごしたのではないでしょうか。
研修生・インディーズ時代と比較して発信される情報量が増え、
山岸理子という子の人となりがぼんやり見えてきた気がします。

彼女は案外、茫洋たる大器ではないのかな?

リーダーではありますが対外的なスポークスマン役は、
ゆめやサブリーダーのりさまる。が務めることが多く、
理子ちゃんはそれを引き取って次の発言者に振ったり、
まとめのひとことを発したりという役回り。
ときどき言い間違ったり、話をすっ飛ばしたりもしますが、
意外と強心臓で、ひどく狼狽えることはありません。
ふわっと訂正して、強引に着地させてしまいます。

初対面の“大人”に対しては人見知りが発動するそうですが、
研修生などに対してはフレンドリーで、よく新人紹介ブログを上げます。
今の研修生の中では、おそらく西田しおりんが大のお気に入り。

研修生同期ののむさんこと野村みな美とは強い絆があり、
1期後輩のいっちゃんこと一岡伶奈、加賀かえでぃとも仲良し。
のむさんとでぃも仲が良く、このあたりの結びつきは強いようです。
どちらかというと真面目で冷静な子たちという印象があります。
他に同い年の堀江葵月とも仲がよく、スキル厨の面も持つw

バックダンサーになりたくて研修生オーデを受けたというのは、
以前からヲタにはよく知られた理子ちゃん鉄板の持ちネタですが、
小学生時代は週4日ダンスを1日はクラシックバレエを習っていたそうで、
月曜日は学校が終わってから3コマのレッスンを受けていたといいます。
完全なダンス漬け生活で、彼女のバックボーンが知れようというものです。

そんな山岸理子だからこそ、ダンスについては一家言を持っています。
付けてもらった通り端正に踊るのを好み、自己流に崩したダンスを嫌います。
一点一画を揺るがせにしない、“楷書”の踊りが彼女の身上と言えましょう。

また、振り入れも早いことが知られています。
東名のバースデーイベントで披露したオリジナルダンス(3分ほど?)は、
30分で振り入れ約2時間かけて固めた後、当日まで自分のものにすべく練習。
名古屋で質問したのむさんはこの回答を聞いて呆気に取られていましたが、
理子ちゃん本人は(そこ驚くところ?)と涼しい顔をしていました。
伝聞ですが、ダンスに苦手意識のあるのむさんだけでなく決して下手でない、
譜久村・竹内の2人も理子ちゃんの振り入れの早さに驚嘆していたといいます。

真面目で自己評価が高く、判断は現実的で冷静であるように見えます。
柔らかな物腰・口調が女の子らしい一方、鷹揚で細かいことに拘らないようです。
何よりも精確で端正な動きのダンスと、甘い優しい声が持ち味です。

次はそんな山岸理子が、どんなリーダーなのか考えてみます。





posted by koke.N at 03:08 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする