2018年11月12日

続・秋


さて、よくよく見たら2カ月ぶりの更新だったので、この程度ではこの間のことは語りつくせるもんじゃありません。もうちょっと、片付けておくことします。

プレモル プレモニ。はちょっと拍子抜けしたイベントでしたけども、フラ銀こと「フラリ銀座」が披露されて、わたくしは初聴から気に入った記憶があります。
あと、このイベントではメンバーのお母さま方にアンケートをとって、「わが娘。の子どもなところ」が披露されました。いろいろ面白かった(特にかえでぃ)のですが、わたくしの考え過ぎで胸が痛かったのは、横山玲奈ちゃん。すなわち「(お母さまの)膝で寝たがるところ」と。いやまあ、あれですよ、横ちゃんは アメンボウ 甘えん坊で、お父さまがご健在の頃からそうだったんだよね、たぶん。

9月は、研修生発表会もありましたね。
個人的に、“三代目るる”こと金光留々ちゃんに大注目中で、この日も可愛く利発そうな表情の金光さまを堪能したのですが、それよりも(?)大大事件があったんです、この日のZepp Tokyoでは。なんと、関係者席に研修を終了した(=研修生をやめた)ばかりの、ほりえってぃ(by理子ちゃん)こと堀江“きーちゃん”葵月さんと、みづきちこと金津美月さんが姿を現したのでした。いくら糞事務所でもやめた直後の傷心の元研修生に、「次の発表会を見に来い」と強制するとはさすがに思えず、ご当人たちの希望でこうなったのでしょうが、胸中如何ばかりか測りがたく思いました。しかし、彼女たち自身が、やるべきことを尽くしたことの証だろうとは、推察できるのではないでしょうか。

推しというほどではないにしろ金津美月のことは好きで、研修生発表会では彼女のやや鈍重なところのある踊りと、そういったあたりから漂う幼い中に上品なお色気を楽しみにしていました。この、幼いなか、ぶきっちょでしかし上品な色気というのは、我が推し・山岸理子に通じるものがあると僕は勝手に思っていました。

金津美月と堀江葵月のこれからが、どうか幸せに満ちていますように……。

この後は、娘。の秋ツアーが恒例のハーモニーホール“落選まつり”座間から始まりました。娘。コンの総括は、飯窪卒コンの前にでも書ければと思います。結局、最大で10公演程度になりそうですが。

つばきファクトリーの秋ツアー「微熱」。当選していた仙台公演を体調不良で欠席し、予定していた高崎公演を回避したものですから、最終的に9月24日の横浜1公演だけになってしまいました。まあしょうがない。

tweetから
みんなが仕上がってきたから、あんみぃの声量のなさが目立つ。相変わらず美人なのだが
posted at 17:13:10

確信した。山岸理子は目でころす
posted at 17:04:13

おのみずの弱点は、よく転ぶところ
posted at 17:26:53

YEAH YEAH YEAHのダンスチームはもちろん、山岸秋山の師弟(?)コンビだったのだが、全身が見えなくてスーパーフラストレーション
posted at 18:18:39

踊り終わったあと、後列に下がりながら理子ちゃんが、ふうっと息を吐いたのが印象的
posted at 18:21:19

理子ちゃんは、ころころ表情が変わるタイプではないのだが、ソロパートが終わったあとや、フォーメーションで他メンとアイコンタクト取ったあとに、ちらっと見せるプロフェッショナルな顔が大変格好いいのです
posted at 20:25:35

いやあ、髪伸びた理子ちゃんがひときわ美しくなったので、仙台しか持っていないつばきを増やさないといけないかな…
posted at 12:30:30


結局、ツアーに全然行けなかったので、ナカGフェスとMARQUEE祭Vol.21のチケを手配して、横浜以外でも辛うじて、理子ちゃんたちのお姿を拝すことが出来ました。本当は、もっともっと理子ちゃん理子ちゃんしてーのれす
posted by koke.N at 18:03 | Comment(0) | つばきファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

つばきファクトリーシリアスイベ


4月8日。
アンジュルム座間の昼公演から渋谷へ移動し、
初めて行ったシリアスイベ。いや、これ面白いですね。

まず何と言っても、まる。ちゃんとあんみぃが、
てらいなく思い切りよくやっているのが、いいと思います。
こういうのは照れちゃだめ。そういう意味で眞緒ぴんもいい。
その点おのみずは、ちょっとためらい気味ですかね。

A列をつぶしたC列だったので、近くて近くて。

理子ちゃんは、大変にこやかでした。ああ可愛かった。
いつもとっても可愛いけど、この日は記録的な可愛さで、
胸が苦しくなるレベル。ただし、進行の雑さは平常運転でした。
出てきていきなりノープランで大喜利始めんなよ、リーダーw

ゆめが強引に形を作って、りさまる。がなんとかまとめる。
理子ちゃん、投げっぱなしでにこにこしてる……。
嗚呼、つばきファクトリーの黄金パターンか(違

「低温火傷」のあいの手が、すっかり地下仕様っぽく定着。
少々萎えるのだが、もうこりゃしょうがないかね。
posted by koke.N at 18:13 | Comment(0) | つばきファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

つばきファクトリーの楽屋


むろたんが理子ちゃんを「山岸」と呼ぶのを楽しみに、
羽賀(MC)・室田・山岸出演のJHNを聴いていたところ、
ハロコンでねちんは、まるねえのところにいるという話が。

ん? つばきの楽屋に入り浸る? どっかで聞いたような……

こぶし野村みな美がつばきファクトリーの楽屋に入り浸るwww

"面白いな〜"山岸理子
https://ameblo.jp/tsubaki-factory/entry-12341563521.html

とまあ、のむさんが理子ちゃんの隣に、ねちんがまるねえのもとにと、
正月ハロのつばきファクトリーの楽屋は、ゲストが長居しているようです。

実際、居心地よさそうだしなあ。

りこりこ・りさまる。はリーダーとサブリーダーの年長者だし、
ほかのメンバーも比較的人あたりのいい子たちがほとんどだし、
仮に(また来てる…)と思ったとしても、表に出す子は居なさそう。
言うとしたら樹々ちゃんだけど、樹々ちゃんの場合はたぶん悪気はないw

春風駘蕩。
posted by koke.N at 14:56 | Comment(0) | つばきファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

気になる人(その9) 秋山眞緒

o0480027014127059704.jpg

つばきファクトリーのダンスの一翼を担う最年少。
力強く精確な理子ちゃんに対し、眞緒はしなやかで華やか。

貼り付けた写真にも表れているようにリーダーのお気に入り、
…というかそうだといいな(とわたくしが思っています)。
理子ちゃんは、基本的に年下の女の子が好きな人なので、
まおぴんを可愛がっているのは確かだと思いますがw

莉佳子チャイルド。
莉佳子に会うたびにデコを触ってもらうのが楽しみで、
デコだしはやめられないとのこと。似合ってるからいいかw

ダンスメンとして既にHello!内でも名を馳せていますが、
歌声もなかなか力強く、年齢的にもまだ伸びが期待できます。
研修生時代の末期、恐るべき速度で進歩したことがあって、
その時からすると、現在はやや停滞気味かもしれません。
しかし成長には、伸び悩む時間がつきものなのでしょう。

度胸が良く、2016年実力診断テストで一番手を務めた時も、
ちっとも緊張しないで、むしろ楽しみだったと言い放ち、
審査員各位と客席のヲタどもを感嘆させたものでした。
善哉。怖さを知るのは、もっとオトナになってからでいい。

可愛がられて育った末っ子特有の、のびやかさが好ましい。
“まおぴん”というニックネームは、ママが呼ぶそのまま、
眞緒自身がそう呼んで欲しいという、本人発信だそうです。
やっぱり、可愛がってくれる家族大好きっ子なんやねえ。

お洒落で、大阪の子ぉの割にはシックな装いを好むようです。
そこは絵に描いたような大阪人(?)のきしもんと違うところw
しかし笑いのツボはやはり近いものがあるようで、加入当初、
他の人は笑わないゆめのギャグに眞緒だけが反応していたとか。
今はどうなんでしょうか??

理子ちゃんとともに、目が離せないつばきの注目株です。
posted by koke.N at 18:20 | Comment(0) | つばきファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

小片さんBDイベ

せっかく久々に更新したので、ついでと言っちゃあなんだが、
ちょっと前のコヘンさんBDイベントについても短く。

なんだよー、オガタさん可愛いじゃんw
すでに1回目公演の感想が流れてきていたので、
実は衣装もちょっと知ってはいたのだけれど、
それでもミニドレスは可愛かったですね。ふむ。

時々はがちんが暴露している甘えん坊のまるねえ、
という感じが全体に漂っていたふうに感じます。
ほわほわの理子ちゃんより、多分よっぽど甘え娘だよこの人。

福田花音先生(美人)からのお祝いビデオメッセージがあり、涙ぐむまるちゃん。
見終わった後のオガタさんが「有難うございます!」でも「嬉しいです!」でもなく、
ぼそっと「…可愛い」と呟いていたのが、否応なしにマジヲタを証明していました。
それ以外でも、めっさニヤニヤしながら花音さんについて語るのが、ナイスキモイ!
小片さんは、花音さんのふくらはぎのちょっと上あたりを偏愛しておられるそうです。

ほかにもあざといベスト3とか、なかなか普段見られないところを見せてくれました。
いやあ、こりゃなかなかのタマだね。トレイニーからサルベージして正解でしょ。
つばきファクトリーの首脳陣は、多士済々で面白いよねww
posted by koke.N at 01:08 | Comment(0) | つばきファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする