2020年01月03日

同●会


正月ハロのネタバレあり〼







side Aのシャッフルのテーマは「同期会」か。

1曲目、鈴ちゃんが“都会っ子”セリフをいい始めて、まあそれだけでもエモい*1 のだけど、その後に一緒に歌うメンバーが分かった途端、(あ、26期*2だ!)となって、企画の意図が読み取れました。さあ、そうなると俄然 強め 楽しみになるのが「奇跡の17期」*3と「花の20期」、そして個人的には「天然の16期(山岸野村)」がどういう扱いになるのかが大問題でした。

20期は、研修生発表会で歌ってオーディエンスを唸らせた“ロクエロ”! 山木さんの引退後なのが実に残念でしたが、あの日、ヲタが感嘆した段ちゃんとむすぅのドスの利いた歌声は更に凄みを増して、正月Hello!の現場で再び響き渡っていました。このあたりで、中野の客席は爆沸き! 

この後は順不同でピックアップ。

わが最愛の16期りこみなコンビは、先輩・植村室田(14期15期)とともに「涙の色」。理子ちゃんは℃-uteのカバー曲を歌うとき、本当に心の底から楽しそうな表情をする。歌える面子と一緒だったにもかかわらず、理子ちゃんの歌割も結構あって、大変有難かったです。そして注目の17期は“桃スパ”。

どう料理するのかと思っていた22期は半分に分け、トレイニー組が「僕らの世代!」*4、他の子たちはゴールデンオーディション組として「すっちゃかめっちゃか」を。トレイニー組は過去の実績*5 がありましたが、後者は盲点でした。確かに、ゴールデンオーディション組はユニットの枠を超えて結構仲がいいのです。

重鎮たち、譜久村竹内宮本高木浜浦小田で“あななし”。これで延々と繰り返されてきた「どこまでがハロプロエッグか?」論争は公式に決着したといえましょう。13期小田さくらまで*6 がエッグです。

いやー、なんかもうね。プロデュース側があまりヲタに寄せてくるのはどうだろうかという議論は当然あるし、米村や石栗の心情を思うとちょっとなーという部分もあるのですが、感動してしまいました。

*1 研修生実力診断で歌った曲である。
*2 研修生26期。横山川村橋迫西田山ア。もう一人吉田真理恵がいた。
*3 全員が正規メンバーに昇格。他に全員昇格は16期(2人)しかない。
*4 持ち歌である。6人移籍してきて半分が残った。
*5 こぶしファクトリー&つばきファクトリー プレミアムライブ 2018春“KOBO"。
*6 2011年11月エッグお披露目。その後「『研修生』オーディション」発表。
posted by koke.N at 14:19 | Comment(0) | ハロー!プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする