2019年08月27日

なにゆえッ?!


いきなりですが、BEYOOOOONDSのデビュー曲「眼鏡の男の子」の、あれです。

いつのころからか始まったあれ、僕自身は好きではないけれど、コールなどは現場で作るものです。居座った(=定着した)方が勝ちなので、こればっかりはなんとも仕方がない。つばきファクトリーの地下臭ふんぷんのコールみたいに、時間が経ってやや廃れるものもある(飽きずにまだやってるやつもいるが)し、成り行きに任せるしかないのでしょう。

もりとち(森戸知沙希)が娘。に来たばかりのころのお話。コールが一瞬「ちぃちゃん」になりかけた(という認識はわたくしはなかったが)として、カントリヲタが「カントリでコールは知沙希で定着しているのに」と毒づいていたことがありましたが、これはそう思うなら現場へ行って「知沙希!」とコールすればいい話で、簡単なのです。「娘。ではコールを変えよう」という動きがあったなら多数派工作をする必要もあるかもしれませんが、そうでなければ現場で率先してコールするのが常道でしょう。でなければ、本人の口からこうコールして欲しいと言ってもらうのが一番か。

あれに話を戻すと、そういうわけで、どうしても潰したかったら現場に行って潰すしかないのですけど、これといって対抗手段がなくて、なかなか難しいかと思います。


ただなあ、何カ所も何カ所も被せるのは、控えめに言ってもバカだと思う。ああいうのは、一カ所に賭けてその日一番の声でビシっと合わせるのがいいのであって、何回もやったらただの動物園(のケダモノ)、というのが個人的な感想です。

で、断固やるというのならば、演者(しおりん)の呼吸を読んで完璧に合わせろ! リズムに乗り遅れたのを自覚したら諦めろ! 思いとどまるのも勇気だぞ。遅れているのが分かっているのに、無理くり声出して外した奴はその場で腹切って氏ね!
posted by koke.N at 13:48 | Comment(0) | ハロー!プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする