2016年10月21日

野中美希


12期はちぇる!

そういい続けてしばらく経ちます。素質はあると思うし、
良い子なのでわたくしはずっと期待大なのです。

しかし、なかなか本格化しない。

12期はのほほんとしている。そういう評はあります。
もちろん、もうすぐそこに13期加入も見えているし、
12期には前へ出て、歌割りをもぎ取って欲しい気はあります。

ただ、はやくはやく“先輩”“主力”にならねばならなかった、
譜久村・生田・鞘師・鈴木ら9期のことを考えてみると、
そんな焦らなくてもいいんじゃ? という気にもなります。
第一、13期が入ってくれば、否応なく先輩になるんだし、
末っ子としての今を、存分の味わっておくことも悪くない。

もちろん、やるべきことはやらねばなりませんし、
それはステージ上のことだけに限らず自己管理なども。

6月のミュージカル「続・11人いる 東の地平・西の永遠」で、
同期の牧野真莉愛は抜擢といっていい役を貰い、なんとか務めました。
ちぇるは、ちょうどその“半分”を任された感じでしたが、
真莉愛ほどではないにしろ、強い印象を残したのではないかと思います。

元々、歌の面で期待が大きい彼女。
特徴的な声質を武器に、もっと歌割りを狙っていって欲しい。
英語キャラも強みではあるけどそればかりに頼らず時には封印して、
パフォーマンスで勝負に出るちぇるも見たいですよ >会社殿。
佐藤優樹と並んで音楽的素養も深いので、特に期待大です。

この子は精神状態が比較的表面に出やすい性質のようで、
自信を失っている時には表情が暗く目が死んでいるだけでなく、
体つき全体がでろんと崩れているかのような印象を与えます。

6月の舞台から夏ハロあたりは、やっと少し自信を取り戻したようで、
表情も明るいし、体はたとえやや太め残りふうでも健康的に見えます。

里保チル4人衆の一角で、鞘師先輩に憧れている旨を今も公言してくれます。
里保ヲタとしてはありがたい限りなのですが、ちょっとタイプは違うので、
里保ちゃんの真似ばかりでは仕方がないような気も。どちらかというと、
娘。随一のDIVA小田さくらを参考にするのもいいんじゃないかと思います。

その小田ちゃんはちぇる呼びを広めた人(始まりはマネジャー?)で、
ちぇるのことを気に入っているんじゃないかと感じますしね。
“さくちぇる”師弟コンビも見てみたいぞ。

とにかく、12期のスキル枠は彼女だと思っているので、
いよいよ頭角を現した真莉愛を追って、来年の飛躍を望みたい人です。

今日は、ちぇるのバースデーイベント。過去の落選のぶんまで楽しみたいと思います。
お誕生日当日はとうに過ぎちゃったけど、Happy Birthday,Miki!
posted by koke.N at 17:26 | Comment(0) | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする