2015年06月29日

TRIANGLEが終わって

昨日にて、演劇女子部「TRIANGLE」の上演が終わりました。
まずは、無事に千秋楽を迎えられておめでとうございます。

特に、初主役(だよね?)で台詞も歌も多かったサクラ姫役を、
見事に可憐にやりきった亜佑美ちゃんと、
初の男役で女ヲタさんをシビレさせた(私のTLから推測)里保ちゃん、
そしてお手のものの男役が自然すぎたくどぅ、お疲れさまでした。

日本語がおかしいとか(これは本当に気になるの)、
αβ両方見ないと分からないのでは欠陥作品などと色々批判したし、
この意見自体は今も変わりませんが、胸に迫るシーン/台詞や、
心に残る諸々があったことは確かです。

里保ちゃんの男役は、身長をカバーするために
高いヒールに加えブーツの中もシークレットかさ上げ状態だったせいか、
若干歩様がおかしく、最終日までそのままだったのが残念だったけど、
身のこなし、特に上体の捌きが実に見事でした。怪我しなくてよかった。

亜佑美ちゃんのお姫様は純情可憐で、美しい歌声に魅せされました。
小柄なところが効いた感じです。石田亜佑美の新しい側面を見た思いです。
特に歌がよかった。初日以来、一段も二段も良くなったんじゃないのかな。

そして、鞘師・石田のコンビダンス。
これは、やっぱり娘。の強い武器であり至宝。素晴らしい。
確信的な里保ちゃんのダンスに、戸惑いつつ合わせていく風情の亜佑美ちゃん。
それがそのまま、この芝居における二人を象徴しているようで、見事のひとこと。
鞘石カプ厨としては、このキリ中尉とサクラ姫のシーンをもっと見たかった。

音楽的にはやや弱いなあ、というのが正直なところだったのだけど、
触れればココロがあふれだすと、女王陛下のお告げの歌は好きだった。
ふくちゃんの重々しい発声もなかなかだったので、これは収穫です。
後は、サクラ姫とアサダの重唱かな。アサダが手を離して感電するところ。

その他、演技をしているときの小田さくらが女の匂いをムンムンさせているところとか、
優樹ちゃんの芝居が、ややパターン的ながらなかなかの上手であること、
ちぇるはここでも才能豊かで、将来楽しみなところを見せてくれたこと、
真莉愛は“チョイ足りない子”をやらせたら天下一品だなあとか
ライブでは感じたことがなかったが、羽賀ちゃんの踊りが存外いけること、
というところなどが収穫ですか。

娘。以外でいうと、高瀬くるみは非常に芸達者で、こんな研修生いないよレベル。




でもやっぱり、
αはわざと端折ったり伏せたりが不自然でストレス溜まるし、
βはモノローグ多用で謎解き編仕様すぎてバランスが悪い。
どちらか一方だけで完品として成り立ってなかったのは残念でした。
posted by koke.N at 17:04 | Comment(0) | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする