2015年06月29日

TRIANGLEが終わって

昨日にて、演劇女子部「TRIANGLE」の上演が終わりました。
まずは、無事に千秋楽を迎えられておめでとうございます。

特に、初主役(だよね?)で台詞も歌も多かったサクラ姫役を、
見事に可憐にやりきった亜佑美ちゃんと、
初の男役で女ヲタさんをシビレさせた(私のTLから推測)里保ちゃん、
そしてお手のものの男役が自然すぎたくどぅ、お疲れさまでした。

日本語がおかしいとか(これは本当に気になるの)、
αβ両方見ないと分からないのでは欠陥作品などと色々批判したし、
この意見自体は今も変わりませんが、胸に迫るシーン/台詞や、
心に残る諸々があったことは確かです。

里保ちゃんの男役は、身長をカバーするために
高いヒールに加えブーツの中もシークレットかさ上げ状態だったせいか、
若干歩様がおかしく、最終日までそのままだったのが残念だったけど、
身のこなし、特に上体の捌きが実に見事でした。怪我しなくてよかった。

亜佑美ちゃんのお姫様は純情可憐で、美しい歌声に魅せされました。
小柄なところが効いた感じです。石田亜佑美の新しい側面を見た思いです。
特に歌がよかった。初日以来、一段も二段も良くなったんじゃないのかな。

そして、鞘師・石田のコンビダンス。
これは、やっぱり娘。の強い武器であり至宝。素晴らしい。
確信的な里保ちゃんのダンスに、戸惑いつつ合わせていく風情の亜佑美ちゃん。
それがそのまま、この芝居における二人を象徴しているようで、見事のひとこと。
鞘石カプ厨としては、このキリ中尉とサクラ姫のシーンをもっと見たかった。

音楽的にはやや弱いなあ、というのが正直なところだったのだけど、
触れればココロがあふれだすと、女王陛下のお告げの歌は好きだった。
ふくちゃんの重々しい発声もなかなかだったので、これは収穫です。
後は、サクラ姫とアサダの重唱かな。アサダが手を離して感電するところ。

その他、演技をしているときの小田さくらが女の匂いをムンムンさせているところとか、
優樹ちゃんの芝居が、ややパターン的ながらなかなかの上手であること、
ちぇるはここでも才能豊かで、将来楽しみなところを見せてくれたこと、
真莉愛は“チョイ足りない子”をやらせたら天下一品だなあとか
ライブでは感じたことがなかったが、羽賀ちゃんの踊りが存外いけること、
というところなどが収穫ですか。

娘。以外でいうと、高瀬くるみは非常に芸達者で、こんな研修生いないよレベル。




でもやっぱり、
αはわざと端折ったり伏せたりが不自然でストレス溜まるし、
βはモノローグ多用で謎解き編仕様すぎてバランスが悪い。
どちらか一方だけで完品として成り立ってなかったのは残念でした。
posted by koke.N at 17:04 | Comment(0) | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

TRIANGLE β

てなわけで、土曜にβをみますた。

これ、αだけだとぺらぺら/βだけでもぺらぺら、
両方見るとなかなか、ですね。はっきり欠点だと思います。
一回だけしか見られない人もたくさん居ますからね。

そのうえで、
α/βを見通すと、人物造形もそれなりに迫ってくるし、
亜佑美ちゃんのサクラ姫の思いも伝わってきます。
アサダはただのニブチンじゃないし、キリ中尉も懐の広い人です。
ローズウッドさんは、思慮深いサクラ姫の味方です。

まあでも、両方見ないと分からない点で、失敗作です。
posted by koke.N at 23:57 | Comment(0) | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

取り急ぎα ネタバレ満載

演劇女子部ミュージカルTRIANGLE、初日開きました。

開演前からトラブル。
開場が押してロビーの混雑が物凄いことになっていました。

終演後、大森望先生と少し立ち話したときにも話題になったんだけど、
どうもPAの具合が悪く、歌詞や仕込んだ音声が聴き取りにくかった。
最終調整はおそらく、音響周りのことだったんじゃないかと思われます。
上演しながら調整したらしく、後半はややましになっていましたが。

ストーリー的には特筆するものはなかったかな。
LILIUMのような重層的で複雑な物語ではありません。
SFガジェットとしては、スワという不思議な生き物が可愛い。
ミュージカルだけど、音楽的にもちと弱いか。
「触れればココロがあふれだす」はいい歌だと思う。

これはまあ、亜佑美ちゃんの可憐なサクラ姫を愛でる芝居かなあ。

里保ちゃんの男役は想定内で、終演後のヲタ反省会では、
「鞘師ヲタは見なくてもいい」とまで言われていましたが、
さすがにそれは言い過ぎで、見るべきところは勿論ありますw
ただ、鞘師ならこの辺まで出来るだろうという予測を超えはしなかった。

現役娘。で一番芝居心があるのは石田、というのが僕の意見で、
今回の舞台でもその見解は変わりません。巧まぬ上手さがあって秀逸。
あんな、可愛らしい声を出すあゆみんって初めて見た気がするw

キリ中尉。里保ちゃんの男役は、歩様が若干不自然で気になるのですが、
動きを止めるとき・静止から始動するときの上体のさばきが見事です。
男役だから仕方がないけど、あのメイク顔が角ばって見えるから嫌。

朝だよ。工藤の男っぷりが上がってるw 最早自然すぎるwwww
芝居も上手くなってる。台詞を受けるときの変な間がなくなって、
自然なリズムでシーンが流れていくようになっています。

LILIUMの竜胆おねえさまでは、まだ若干心もとなかったふくちゃん。
今回の女王陛下役では、堂々としています。お告げの歌いいね。
茉麻の王様との掛け合いのリズムもよく、ようやく開花しつつあるか。

さくらちゃんも、ほぼ予想通りの感じで芝居している。上手い。
原作では姫の先生だったのが侍女になっているらしいのだが(後で確認します)、
設定をかえる必要があるのか疑問。先生のままの方がいろいろいい気がする。

キリ中尉の副官クラリス。ちぇる好演。この子も器用だな。
これから、もっといい役をもらえるようになると思います。
表情のつくりかたもいいし、動きも綺麗。歌も演技も期待の星だな、ちぇる。

取り敢えずここまで。
posted by koke.N at 10:44 | Comment(0) | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Dreams@Nagoya Blue Note

昨日、フラゲ日だったなっちのNew Album“Dreams”。
都心のCDショップでは、小さいながらもディスプレー台展開で、
ありがたや〜でした。

その、Dreamsの先行販売もあったツアー“Dreams”の名古屋公演。

名古屋ブルーノートは何度か来ているけど、最前で聴いた記憶はないなあ。
今回は、2回目の公演で最前を経験致しました。善哉。

もっとも最前といっても、なっちのど真ん前ではなくて、やや下手寄り。
ど真ん前には、よく見かけるけど名前は知らないヲタさんがいました。おめ。
尚、この人は私と同じく現役兼ヲタらしく、里保ちゃんのBDイベでも見かけましたw

前作“Smile…”が若干守勢のアルバムだったのに対し、“Dreams”は攻めか。
ライブでも、近年抑え気味になっていた観のある昔のフリをけっこうやっていました。

バックバンドのギター、慎ちゃんがお初だったが、なかなかの方とお見受けする。
ただ、誰かヲタが書いていたが、なっちのライブのふいんき()には、
久保田さんの方が合っていたかも知れない。ま、一回目だしね。
二回目以降があれば、またうまく調和してくるようになるんじゃないでしょうか。

好きで×5の演奏カッコよかったな。

小説の中の二人、月色の光、あなた色など、よろしゅうございました。
やっぱり天性の声質の良さとたゆまぬ努力、経年劣化を食い止めるケア。
歌の持つ説得力が違うわあ。なっち、最高。

拾い物セットリストを一部修正

01.風を感じて
02.ポアンカレ
03.せんこう花火
―MC―
04.嘘つき
05.小説の中の二人
―MC―
06.Lady Greedy
07.お願い
08.月色の光
―MC―
09.トウモロコシと空と風
―MC―
10.あなたに会えたなら
11.好きで×5
12.あなた色
―MC―
13.beautiful

〔EC〕
E1.心の友
―MC―
E2.愛しき人
posted by koke.N at 17:40 | Comment(0) | 天使 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

山岸理子

体調不良を押して、頑張って生タマゴSHOWに行ったので、
折角だから理子ちゃんのことを書いておこうと思う。
思いのほか出番が多かった、℃-ute@横アリの感想を含め。

つばきファクトリーオープニングアクトでも研修生チャレンジアクトでも、
どちらも曲終わりは理子ちゃんがアップで抜かれて終わるという厚遇で、
「わーい、理子ちゃん推されメン」という感じだった横アリ。
生タマゴも存在感を示せていたと思います。埋もれ気味だった前回とは違う。

横アリでもそうだったのだけど、とにかく表情がよいのだね。
昨年末から今年初あたりの、悲壮感にみちた眼差しとは全くかわっていた。
そして、その後のやや達観したかのような表情は、さらに不安感が……。

むろたんもそうだったような気がするけど、
一度こころ折れかけてから取り戻した明るい表情は、
それはそれは、見る者の心を打つものであるようです。
(理子ちゃんの場合、まだ安心していられないのも確かですが)

課題の歌の方は、まだ改善の余地はたくさんあるとは思うのだけど、
取り敢えず以前と比べれば自信を持って歌っているように見受けられ、
じっちゃんからすると、大変よいことだと思います。
甘くていい声持ってますからねえ、発声がそこそこ安定すれば、
「とても上手い」までいかなくても、聴かせられると思うんだ。

相変わらず踊りはかっちりしていて、安心して見られます。
みんなそうっちゃそうなんですが、特に理子ちゃんは手を抜かない子。

春先あたりから見ると急速に痩せたせいか、
ちとお肌のコンディションがよろしくなかったようなのが可哀想。

“オラオラ”系のこぶしに対して“ゆるふわ”系のつばき。
山岸理子にうってつけのポジションではありませんか。
今後の展開を期待しすぎないようにしつつ、注目します。
posted by koke.N at 18:23 | Comment(0) | 山岸理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする